和紅茶 ・ 国産紅茶 情報サイト 京都紅茶道部|和紅茶 ・ 国産紅茶 の為の総合情報ポータルサイト

京都紅茶道部

京都府和束町から純国産の紅茶が誕生

京都生まれの純国産紅茶でリラックス、アナログ仕掛けなパッケージもかわいい「和こころ紅茶」

紅茶と言えば、イギリスでよく飲まれ、生産地はインドやスリランカと、海外のイメージが強くありませんか。けれども、純国産の紅茶もあるのです。日本茶も紅茶もお茶の葉そのものは同じもの。そこで、宇治茶の主な生産地である京都府和束町から純国産の紅茶が誕生しました。

それが、11月1日の紅茶の日に発売される、京都の茶農家「和茶園」が京都府和束町の茶葉のみで作った「和こころ紅茶」。一般的に国産紅茶は外国産紅茶に比べて渋み成分となるタンニンの含有濃度が低いため、個人差はありますが、渋みや苦みが少なく、ほのかな甘みを感じられることが特徴なのだそう。普段、外国産の紅茶をよく飲んでいる人は、ぜひ飲み比べてみたいですね。

「和茶園」は、京都府相楽郡和束町内の約20ヶ所・合計3ヘクタールの茶畑で、お茶作りを行う茶農家。茶樹がストレスなく、できるだけ“自然のまま”で育つことができるように、栽培に取り組んでいるのが特徴だそう。

和束町で生産される「和束茶」は鎌倉時代から栽培が始まったと言われているほど、お茶作りに歴史があるとか。現在は、宇治茶で使用されている京都府産の茶葉の約4割に「和束茶」が使用されているほどの産地。そこで作られているのが、この「和こころ紅茶」なのです。

さらに「和こころ紅茶」は、パッケージにも日本ならではのこだわりがあるのだとか。純国産を表現するために日本が持つ「四季の移ろい」をデザインしたパッケージ内に封入された先頭のティーバッグを取り出すと、異なる絵柄の次のティーバッグが箱の前面に。そうやって順々にティーバッグの絵柄が変わることで、パッケージに描かれた季節が移り変わるようになっている、かわいらしい仕掛けが。

このデザイン方法は、一番前の画を入れ替えていくことで物語を進めていく、日本の伝統娯楽の一つ「紙芝居」からヒントを得ているそう。紅茶を飲むたびに、自分で紙芝居を一枚一枚めくっていくような感覚が味わえて、心がなごみそうです。

デジタルが普及している昨今だからこそ、時代に逆行するようなアナログなパッケージは新鮮なうえ、何だか心が温まるような気がしますね。

国産紅茶の味わいと、アナログなデザインを一緒に楽しめるひとときは、ほっと一息ついてリラックスするのにぴったり。バリバリ仕事する職場に置いておけば、神経を休ませてくれそうです。頑張っている自分へのご褒美や、大切な女友達へのプレゼントにもオススメですね。

これから寒くなると温かい飲み物が嬉しくなります。仕事の合間や、ちょっとした息抜きに美味しい国産紅茶「和こころ紅茶」を飲んでみては? 愛らしいパッケージを眺めながら、温かい紅茶で一息つけば、秋の深まりもステキに感じられそうです。

(引用:エキサイトニュース)

和束町に新たな国産紅茶

和束町の紅茶といえば、ホテルオークラにつかれた喜寿園の紅茶が挙げられます。
和束は宇治茶の産地として知られ、多くのお茶は宇治茶としてもしくは茶道の抹茶として生産され日本に広く流通しています。

その中でひときわ目を引くパッケージで手に取りやすさを演出するというのは、実は日本中の国産紅茶にはまだうまく出来ていない事でもあります。
品質が先なのか、品質が先なのかというせめぎあいの中、どちらかにかたよる傾向にはあります。
品質の高さは必要ですが、目を引く外装があってこその商品であるということも言えます。
これからもより一層、目をたのしませる国産紅茶が登場することを祈るばかりです。

メルマガ購読・解除