和紅茶 ・ 国産紅茶 情報サイト 京都紅茶道部|和紅茶 ・ 国産紅茶 の為の総合情報ポータルサイト

京都紅茶道部

富士山頂の熟成紅茶を販売 200缶限定 御殿場

富士山頂の熟成紅茶を販売 200缶限定 御殿場(静岡新聞)

 御殿場小山中核農業者協議会は26日から、夏季に富士山頂の山小屋で熟成し、味を引き立たせた「富士山頂熟成紅茶」を200缶限定で、御殿場市内の茶販売店4店舗で販売を開始する。
 同協議会は、低温、低酸素、低圧という富士山頂独特の環境で寝かせた地場産のヤブキタ「富士山頂熟成茶」を2年前から販売しているが、紅茶の販売は初めて。
 7月16日から8月29日まで山頂で熟成させた紅茶は、苦みが薄れ、甘みが引き立つ逸品に仕上がった。紅茶は、県立御殿場高情報デザイン科の生徒がデザインし、商標登録したロゴマークを貼り付けた缶に入れて販売する。同協議会の勝又保徳さんは「緑茶よりも少ない茶葉でしっかり味が楽しめる。御殿場の茶の知名度を高める一助になれば」と期待した。
(引用:静岡新聞)

「富士山」という名のつく国産紅茶

ちなみに、この紅茶は1缶(40グラム)千円。25日に開かれる同校の文化祭で先行販売するほか、26日に市民交流センターふじざくらで開催する「元気わくわくごてんばフェスタ」でも特別販売されました。
お茶の国静岡には数多くの国産紅茶がありますが、とりわけ「富士山」のつく国産紅茶はどれも個性的で面白い紅茶だと評判です。
名前で集めてみるという楽しみ方もひとつあるのかもしれません。

メルマガ購読・解除