和紅茶 ・ 国産紅茶 情報サイト 京都紅茶道部|和紅茶 ・ 国産紅茶 の為の総合情報ポータルサイト

京都紅茶道部

裾野市ツアー 不二聖心女学院教頭による茶園案内も

裾野モニターツアー 紅茶や富士山景観を満喫
 
不二聖心女子学院では田中正延教頭の案内で、希少国産紅茶「ただにしき」を生産する同校自慢の茶畑を見学した。参加者は茶畑からの富士山の景観を楽しんだり、ただにしきを使った菓子「ソフィアージュ」と一緒に紅茶も味わった。
(引用:静岡新聞より)

アグリツーリズムという、田舎の見直し

後1ヶ月もすれば、新茶の季節です。
この記事は『裾野市の富士山の裾野のモニターツアー』ということで、裾野市の環境の良さをアピールするという目的だったと思われます。
旅行の中で『観光』の他に『体験』を加える試みはここ最近増えてきています。
そのなかで、自然に触れたり農業体験をする『アグリツーリズム』は目玉商品になりつつあるようです。
新茶のシーズンも近くなりましたので、これに合わせて茶摘みの旅行というのも増えてもいいのではないかなと思ってます。
茶摘みならば、2番も秋茶も摘めますので年3シーズンありますし、
その場で緑茶や紅茶の製茶体験をして、きちんとした淹れ方を教える企画もつければ、茶葉からお茶を淹れる習慣が参加者に着くのではないかと、旅行そのものにも学習効果を期待します。

こういう為になる体験をできるのは、アグリツーリズムの強みではないでしょうか。
今年は、茶園のアグリツーリズムが増えてくれることを心から祈ります。

メルマガ購読・解除