和紅茶 ・ 国産紅茶 情報サイト 京都紅茶道部|和紅茶 ・ 国産紅茶 の為の総合情報ポータルサイト

京都紅茶道部

「幻の紅茶」菓子商品化 不二聖心女子学院(中日新聞)

希少品種『ただにしき』を守る女子校

京都紅茶道部のブログの国産紅茶レビューでも過去に紹介しております。

○静岡県の不二聖心女学院で作られている『聖心の紅茶』

その紅茶を使って学校のある裾野市の市内の菓子店とパン店でお菓子が作られました。
地元では、この聖心ブランドの紅茶を地元裾野ブランドに育て上げ、
全国に発信できる全国の特産品に育てようと考えているそうです。
9月にこのお菓子の試食会が学内で行われ、いろいろな改善点を指摘、
その着目点には、制作を手がけた店主も驚いたそうです。
販売は、同学内の文化祭で行われ、大人気で予定個数を完売。
市役所では順次生産の拡大に協力し、市内の販売店を増やす予定。
さらに、来年には、学内で栽培している『ただにしき』の株を譲り受け
市内の畑で栽培を始めるそうです。
希少品種栽培に関しては、ここのただにしきや、先の三重県亀山市のべにほまれ復興運動もあり
地元の特産品としての可能性を見出し、過去の財産を掘り出す活動が全国に広まりそうです。

購入に関して

聖心の紅茶に関しましては、サイトをみてサイトフォームやメールやFAXで注文するのですが、
いろいろ気になることもあって、電話をしました。
相手が女子校なので、怪訝な顔をされるかな・・・と思ってましたが、
意外や大変丁寧な対応をしていただき、わずかながら(紅茶袋一つ)を買いました。
一つだけでしたので、イレギュラーの『簡易発送』を受けていただきました。
大変助かりました。
次は機会があれば、ごっそりと買いたいと思います。
(卸とか受けてくれるのかな)

ここは紅茶を特に取り上げましたが、メインは紅茶ではなく緑茶だと思いますので、
緑茶の注文をおすすめします。
やはり、静岡ですので、緑茶を試してから紅茶に行くのがいいかと思います。

あとがき

このように、学校で所持する農園にて栽培するお茶というものが、
ここだけではなく、他の産地でもあればいいなと思います。
この事自体は、紅茶だけにとどまらず、地味に低下をしている
『茶葉からお茶を淹れる』という習慣を留めるいい機会になるのではないかと思います。
もう、生活の場の中で緑茶・紅茶にとどまらず、
『茶葉でお茶を淹れる』という行動がなくなっていっている以上、
学校の体験という思い出の中で、印象に残りやすい形でお茶との接点を持つことにより
いつでも『茶葉でお茶を飲んでみよう』という意識付けにもなります。
人は自分が認識できない事はしません。
日本人の生活の中からお茶を淹れるという行動が認識されない行動になりつつある今、
少しでも、その火を消さないよう、若いうちからのお茶の接点を増やす活動が広がってくれることを
切に願うばかりです。

メルマガ購読・解除